ホリスティックヘルス通信vol.19 毒素を溜めないために最も大事な食事法

毒素を溜めないために最も大事な食事法

アーユルヴェーダの食事法では、「消化力に見合った食事をすること」が大切だとされています。

消化力のことをアーユルヴェーダでは「アグニ(=消化の火)」といいます。
アグニが弱まってしまうと、食べてたものが完全に消化されず、未消化物は「アーマ」という毒素として体内のその人の弱い部分に蓄積されていきます。そしてそれがさまざまな不調や病気となって表れるのです。

自然界のリズムと消化のリズムを合わせよう

そこで、消化力に見合った食事をするために、大切なことをお伝えいたします。

まず、1日の中で変化する消化力に合わせて食事を選ぶこと。
私たちの消化力は午前中に徐々に高まり、正午にピークを迎え、その後、低下していきます。
よって、消化力の最も高いランチを1日の食事のメインにします。朝食:昼食:夕食=1:3:2くらいのイメージです。
そして、消化力が弱っているときには、スープや蒸し野菜、フルーツジュースなど軽い食べ物を食べましょう。

今日からできる消化不良をおこさない食事のポイント

消化力を高める方法には以下のようなものがあります。

・前の食べ物がきちんと消化されてから次の食事をする。
次の食事の前に気持ち良くお腹が空いている。
・適度に油を含んだ料理を取る。
まったく油分を取らないと逆に消化力を弱めてしまいます。
・よく噛んで食べる。噛むことで消化が促進され、食事の満足感も得られます。
・白湯を取り入れる。起床後や食事中には白湯をとりましょう。

薬になるお白湯の作り方

白湯は、消化力を維持するのに最もよいものとされています。
体内にアーマが溜まっていると、初めのうちは白湯をおいしいとは感じないかもしれません。
しかし飲み続けていると、やがてアーマが流れ、胃腸の中がきれいになり、白湯を甘くおいしく感じるようになります。
ぜひ白湯を毎日のルーティーンに取り入れてみてくださいね。

【アーユルヴェーダ的!白湯の作り方】

1.やかんにきれいな水を入れて強火で火にかけます。
2.沸騰したら、ふたを取って湯気が上がるようにします。
3.大きな泡が立つくらいの火加減で最低10~15分沸かし続けます。
4.すすりながら飲めるくらいの温度で飲みましょう。体調に合わせてもっと冷ましても構いません。残りはポットなどで保温して一日かけてゆっくり味わいましょう。

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

記事 & Spice-アンドスパイス-たぐちみお
クックパッドベビー妊活レシピ提供中
ブログ:http://ameblo.jp/miocafe-ayur/


ホーム > バックナンバー > ホリスティックヘルス通信vol.19 毒素を溜めないために最も大事な食事法