ホリスティックヘルス通信vol.17 効果絶大アーユルヴェーダの花粉症レスキュー

効果絶大アーユルヴェーダの花粉症レスキュー

春一番が通り抜け、温かい春の風と共に花粉もまいアレルギーの方には辛い季節となりました、

目や鼻を取り出してジャバジャバ洗いたい!という声もうかがいますが、アーユルヴェーダでは洗う方法があるんです!

そして、花粉が来ても防御できる強い粘膜をつくる方法があります^^

アーユルヴェーダの花粉症対策を試した人は、程度の差はあれ皆さん効果を実感しています。 アーユルヴェーダの数あるレメディの中でも即効性がある部類ではないかと思います。 是非お試しを。

花粉症予防&対策

優先順位が高い順になっています。

①夕食は20時までに食べ終え、消化しやすいものにする

夜の時間はカファという水のエネルギーが増えています。20時以降の遅い食事はさけ、寝る3時間前までには食べ終えます。消化に負担がかかる、揚げ物、肉、乳製品、アイス、砂糖といった消化に負担がかかるものはやめます。

②汗ばむ程度の運動をします。

溜めこんだ粘液を排出するにはなんといっても汗をかくこと!運動が望ましいですが、岩盤浴、サウナ、半身浴もすすめられます。

③白湯を飲みます。

沸かしたお湯をフーフーしながら飲むことで粘膜にゆっくり浸透しながら吸収されます。白湯は胃腸をあたため、老廃物の排泄を促します。

④旬の野菜の苦味渋味をとります。

山菜、竹のこに代表される春野菜はデトックス&体外に余分な脂肪や水分を排出してくれる苦味・渋味が含まれていますので、積極的にとります。

ホームナスヤ(花粉症レメディ)

下記に紹介するレメディは毎日やって構いません。
ただし、生理中や妊娠中、発熱時はやめましょう。

①お風呂にアロマーヤミックスを1-2滴たらします。
②湯船の中で太白ごま油(またはオイルテラ#8)で顔全体を5分程マッサージします。出来たら胸、首、頭も一緒にやるとさらに効果的です。
この後体を洗います。お湯で流すだけで大丈夫ですがオイルが気になる方は、石鹸を良く泡立てて優しく洗うか、ひよこ豆の粉をお湯で溶かしたペーストを石鹸代わりに使うと洗いすぎないのでおすすめです。
③お風呂から出たらやや上を向いて左右の鼻に2-3滴ずつ太白ごま油を入れます。1分程上を向いていると喉の方にオイルっぽいのがおりてきますので、それは吐き出してください。
④ターメリックと塩を一つまみずつ入れたぬるま湯でうがいをします。

花粉症の症状で目のかゆみが辛い方は、ローズ水で目を洗った後、ひまし油を点眼してねるのもおすすめです。

記事 ヴィナーヤアーユルヴェーダ萩島

花粉症が辛い方へ ナスヤフェイシャル60分5,000円 六本木店にてお受けいただけます。

【割引】花粉のつらい症状にナスヤフェイシャル


ホーム > バックナンバー > ホリスティックヘルス通信vol.17 効果絶大アーユルヴェーダの花粉症レスキュー