コンセプト

ヴィナーヤ・アーユルヴェーダについて

ヴィナーヤ・アーユルヴェーダについて

ヴィナーヤ・アーユルヴェーダは、アーユルヴェーダ総合サイトを主宰する助産師 萩島由紀子がプロデュースするサロンです。

私はアーユルヴェーダセラピストとして、また助産師として多くの女性の健康問題と向き合ってきました。

女性の健康=ライフステージ毎に変化する女性ホルモンと上手に付き合うこと

その中で女性にとって人生の転換期ともいえる妊娠・出産・育児・更年期が心身ともに健やかに過ごせるかどうかが女性の幸せと大きく関係していることを実感しています。

女性は命を産み育てるためという性のため、一生のうち、また一か月の中でも劇的に変化する女性ホルモンの影響を受けています。

―生理前になると便秘になる
―生理前になるとイライラする、自然と涙が出てしまう
―生理になると頭痛、腹痛がある
―更年期に近づき体重が増加してきた
―夜眠れない
―気持ちが不安定でコントロールできない

などホルモンの変化に応じて心身に訪れる体調不良に適応しきれないことがしばしばあります。

にもかかわらず現代医学では病名のつかない不定愁訴に関して治療法がほとんどありません。このため病院を訪れても解決策が見つからないまま辛い思いをされている方が多いのが現状です。

予防医学アーユルヴェーダで心身の健康をとりもどす

アーユルヴェーダは現代医学で診断がつかない未病に対してその効果が注目されているインドの伝統医学です。

1970年代WHO世界保健機構に予防医学と認定されてから世界各地で注目が高まっています。内科、外科といった専門家に加え、小児科(産婦人科を含む)、若返り科、滋養強壮科という部門があるのが特徴です。

人間の体は約60兆の細胞からできており、その細胞がリズムよく協調して働いています。この細胞が元気がない、毒素が蓄積する、リズムが乱れることで心身の不調を引き起こします。

アーユルヴェーダは正しい食事・ライフスタイル・トリートメントを通じ、細胞を滋養し、細胞のリズムを取り戻すことでその人本来のバランスを取り戻していきます。

過去14年アーユルヴェーダセラピストとしてお客様と向き合う中で、生理に関するトラブル、不妊、妊娠中のマタニティケアに対してアーユルヴェーダの効果は目を見張るものがありました。

アーユルヴェーダの叡智に学びながらお一人でも多くの女性が、その人本来の輝きを取り戻し、心身ともに健康になることをサポートしていきたいと願っています。