【嬉しいご報告】子宝コース卒業のC様41歳が無事にご出産されました!

昨年秋~3か月間子宝コースを受けていらっしゃったA様より無事にご出産されたとのご報告を頂きました^^

C様は41歳という高齢で初めての出産でした。

生理周期は一定で問題ありませんでしたが、過去に婦人科系の病気があったことから、子宝コースを受けながら、不妊治療の検査をすすめていきました。

そこでご夫婦で体外受精にすすむことを決断され、子宝コース3か月が終わった直後に1回目の体外受精で無事にご妊娠され、妊娠期間もトラブルなく健やかでした。

こちらとしてはA様にとって必要と思われる情報を助産師の立場から、またアーユルヴェーダの産婦人科の知識の中からお伝えし、A様がその中で前向きな決断と努力を重ねた結果が今回の妊娠・出産が順調に進んだ最大の要因だと思います。

出産前からマタニティそして無事のご出産と一連の流れで関わらせて頂き本当にうれしく思います。

A様本当におめでとうございます~♪

妊娠を望む女性ならほとんどが ”自然な妊娠・出産”が良いと思っています。

とはいえ、日本人女性の結婚年齢、出産年齢は高齢化しており、自然に妊娠しやすい20代での出産は多くありません。

また出産や育児は24時間365日肉体労働です。

座りっぱなしで運動不足の現代人にとって出産がスムーズにすすむための体力や筋力はあるでしょうか?

生理不順、生理痛、婦人科の病気はありませんか?

”自然に”という気持ちやイメージばかりが妊娠・出産に関しては先行している気がします。

パートナーを得て、新しい家族を持ちたいと思うのはとても素晴らしい事だと思います。
そんな中、赤ちゃんが授かったら嬉しさもひとしおですよね。

授かったからと言って何もしなくても赤ちゃんが自然に無事生まれてくるわけではなく、

そもそも夫婦生活があるからといって自然に赤ちゃんが授かるというわけでもありません。

子だくさんの時代には身近に色々教えてくれる先生がいたかもしれませんが
現代はそういうわけにもいかず、何かとネットを頼りがちです。

しかし数ある情報の中から自分にとって該当する適切な情報を理解するのは容易なことではありません。

サロンではお客様のご年齢、生殖器系の健康状態などを考え、場合によっては体外受精にチャレンジしてみてはとすすめることもあります。

体外受精や顕微授精に関して誤った知識で”自然じゃないから嫌だ!”とか”そこまでして妊娠するのは子供がかわいそう”という人たちがいます。

しかし、どんな形であれ赤ちゃんが授かったのであれば、それはご夫婦に赤ちゃんが授かる能力があったことに間違いありません!!

現代医学がどれだけ進歩していても、生きている細胞を0(ゼロ)から作り出すことはできません。

医学ができるのはあくまでサポートすることだけです。

そしてもし赤ちゃんが授かったとしたら、その赤ちゃんが無事に生まれて来るかどうかは、妊娠前、妊娠中のママの心身の健康状態に大きく依存しています。

子宝セラピーが大事にしているのは、妊娠を希望しているカップルに必要な情報を提供すること、そして赤ちゃんがはじめて住むママのお腹というお部屋を快適にするよう食事・ライフスタイル・オイルテラピーで整えていくことです。

アーユルヴェーダ子宝セラピー↓↓↓

https://vinaya-ayurveda.com/service/getpregnant/


ホーム > ブログ > 【嬉しいご報告】子宝コース卒業のC様41歳が無事にご出産されました!